内科・外科
院長の日記
健康まめ知識
お役立ちリンク

平成16年5月まで国立病院横浜医療センターの外科に勤務しておりました。患者さんが増える
につれて外来診療が多忙になり、朝から夕方まで昼食もとらずに診療してやっと外来が終了す
る日々でした。
外来診療は術後の患者さんの診療から、紹介された患者さんの治療方針の決定、抗癌剤の点滴治療、セカンドオピニオンなど多岐にわたります。
私としては一人ひとりの患者さんとゆっくり話す姿勢で診療に従事しておりましたが、患者さんのほうが私に気を遣って聞きたいことも聞かずに帰宅しているように思えました。
患者さんの話を十分に聞いて、十分に説明して丁寧な診療をしたい....とずっと思っていました。大病院は3時間待って2〜3分診療とよく言われます。
どんなに良い先生でも診療時間が少なければ診療が粗くなり病気を見逃す危険があります。

患者さんがほっとするような優しい診療所で、大病院に劣らない診療内容を提供して、一人ひとりの患者さんと人間的なお付き合いを末永くしていけるように「若杉診療所」を開設しました。
ぜひ一度おいでください。
待合室の雰囲気で診療所の意義がお分かりいただけると信じています。
                                            平成16年6月


 愛犬「ぷーたろう」

 

 

 

 

Copyright(C)2009.1.1   Wakasugi Clinic